top of page

クリオだより

ヘルパーが思うこと②:認知症について



弊社のヘルパーが、普段考えていることや心がけていることを率直にお話しします。 第二弾は、利用者様の「認知症」についての本音です。

ご家族様や他社ヘルパーさんの参考になれば幸いです。

😌認知症の症状には個人差があり進行具合も症状もまちまちで、日々変化もしています。こうすれば良いというものでもなく、一辺倒の接し方では上手くいきません。

一瞬一瞬の関わり方も大切で、その時々の思いに少しでも気付き、理解し、尊重し、寄り添えるように出来ればと考えます。周囲の人々の接し方が認知症の症状に及ぼす影響がとても大きいと感じます。


🤔その人の思い、考え方は完全には分からないけれど、例えば私がサウジアラビア等の英語圏でない言語の国にいきなり1人連れて来られ、孤立無援の状態になったとしたら、その心細さは認知症の軽度、またはまだらの人の気持ちに通じるものがあるのでは?

と思います。


☺️行動・心理症状は、本人の生活や環境などに左右されるので個人差がありますが、認知症の方が不安や苦しみを訴えるメッセージなのかも知れません。

安心できるように周りが寄り添う事が大切だと思います。

댓글


댓글 작성이 차단되었습니다.
bottom of page